忍者ブログ
こんんちは。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。 タイ王国ウドンタニ県に居を構えつつ、バンコクでIT関係の仕事をやってます。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご協力感謝(^^)/
Start:2007-11-01
お友達リンク
タイまで5,750,000歩
タイ人との国際結婚をテーマにしたBlogです。

妻を追ってタイへ
(タイ田舎暮らしの日々)

イサーンのルーイで暮すドラえもんさんの日々

Bar WOODBALL
シーロムsoi6にある日本式スナックバー、とっぴーのお店です

Rak☆Thai
8年越しのタイ仲間があつまってます。
プロフィール
HN:
SAKUTA-MAN
性別:
男性
職業:
ITトータルアドバイザー
趣味:
旅行、お酒
自己紹介:
ども。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。
イサーンとバンコクを往復しながらIT関係の仕事やってます。
現在の天候
[バンコク] Click for バンコク, Thailand Forecast

All Thailand
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰しています。
ウドンタニのセントラル前の空き地ですが、どうもセントラルの新館が出来るようです。工事が始まったので気にはなっていましたが、昨日ひょんなところで知ることが出来ました。日系の飲食店も入るそうなんで期待は大ですが、いつごろ完成なんでしょうね。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ←もっと知りたい方はここをクリック



お仕事のの依頼はこちらをクリック
PR


メールで問い合わせがあったので、自分が知る限りで書いておきます。
私自身はノンイミですが、ウドンに住んでいる関係でまれにビザ取りのアシストを頼まれることがあります。その経験から割り出したルートのひとつで、所要時間と経費のバランスを考慮したルートです。
また金額は各交通機関のおおよその料金です。

1日目:
 モチット発 23:00 チャンツアーでウドンへ 450B
2日目:
 07:00 ウドンボーコーソー着
 08:00 同じターミナルから国際バスでラオスへ 80B
 10:00 ビエンチャン タラートサオ着
 10:15 サムローでタイ大使館着 40B
 (ホテル) 400B~1000B
3日目
 13:30 パスポート受け取り 40B
 ~16:00 バス待ちの時間つぶし(タラートサオ散策、マッサージなど)
 16:00 国際バスでウドンへ 80B
 18:00 チャンツアーでバンコクへ 450B
4日目
 AM 2:00 バンコク着

カレンダーでは4日に跨りますが、実質的には1泊2日と同じです。
また。パスポートを13:00に受け取れれば14:00タラートサオ発の国際バスに間に合う可能性がありますが、どのみちウドンでバンコク行きを1~2時間待つことになります。




バンコク生活情報にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ←Blogランキング参加中。応援クリックお願いします(^^)/



お仕事のの依頼はこちらをクリック


ウドンタニ県はタイの東北部、バンコクから560Km、ラオス国境まで50Kmの場所に位置する。市内を一級国道である国道2号線が走り、空港は一応国際空港で(もっとも、国際線は飛んでいないが)バンコクやチェンマイとの定期航路が毎日数便就航している。また、バンコクからは特急列車(約10時間)や1日数十便の長距離バス(約9時間)も連絡している。

県都であるウドンタニ市はコラート、コンケンについでイサーン地方で3番目に大きな都市であり、商業施設、総合病院、市民公園など、都市に必要な機能は一通りそろっている。

また、ウドンタニ空港は軍用飛行場としての用途がメインであり、民間ターミナルは空港の片隅にちいさくまとまっている。どうも、軍用機の発進が優先されるようで、旅客機が滑走路のそばで待たされることも珍しくない。




ウドンタニ県の詳細についてはこちらを参照ください。


1級国道である国道2号線は当然だが、市内や周辺部を走る道路も広く、かなり整備されている。ベトナム戦争時代は米軍の一大基地群があり、北爆や救難活動の最前線基地として使用されたことから、米軍がかなりの資金を投下して整備したということだ。
また、その影響なのか市内には数多くの欧米人が暮らしており、また外国人に対する抵抗がほとんどないためか、タイ全県のなかで国際結婚率がトップという特徴を持つ。郊外には居住者の8割が国際結婚カップルというムーバーンもあるし、ちょっとしゃれた家を見かけると、娘が外国人と結婚しているという事も多い。

また、市内にはベトナム戦争時代のなごりを留める歓楽街やバービヤ群も残っており、昔、タイに駐留していたと思われる年寄りの欧米人で結構賑わっている。ただし、日系の企業とかはほとんどないので、街で観光客以外の日本人を見かけることはほとんどない。

市内の交通機関は決められた区間を走るソンテウが主力で、それにタクシーとして利用する動力サムローが加わる。昔ながらの人力サムローもときおり見かけるが、かなり数は減っているようだ。車夫も老人が多い。僕も一度人力サムローに乗った事があるが、やせた体で僕と嫁を乗せたサムローのペダルをこぐ姿に耐えられず、途中で降りてしまった記憶が残っている。後数年もすれば消えていく乗り物だと感じた。



市内には路線バスは走っていないが、市内と郊外は短距離の路線バスで結ばれている。
ウドンタニの路線バスは、1家族が1台のバスを所有し、全員が組合に所属して、決められた路線を走る。うちの家族もそのバスの営業をしている。路線はウドンタニ中心部から国道2号線をノンカイ方向に約30キロほどである。他の公共交通機関がまったくないので、郊外に住む住人にとっては貴重な足である。ノンエアコンだが、運賃はバンコクのそれよりも高めである。嫁の両親が健在なころは、父親が運転、長兄と母親が交代で車掌を務めていたが、両親、長兄が他界した今は、嫁の弟夫婦がそれを引き継いでいる。



バンコクに比べると、自家用車の普及はまだ遅れているが、なにをするにも徒歩では不便な土地なので、各家庭には大人ひとりに1台のバイクがあるのも珍しくない。うちにも僕用を含めて4台のバイクと自家用サムロー1台がある。バンコクと違い、運転免許などはほとんど無視である。中学生などは普通にバイクで通学している。



市街地は、国道2号線と垂直、東西方向に発展しているように見受けられるが、僕の家は国道2号線をノンカイ方向に20分ほど走った市外北方の郊外にある。国道2号線からちょっと脇道にそれると、昔のままの自然がのこっている。










今日は仕事にはまっているので手抜きモード
ノンカイはワットケークの奇怪な神像でお楽しみください。




















ワットケークはラオスの高僧が建立したバラモンのお寺です。境内にはこの世のものとは思えない怪奇な神像が立ち並びます。さしずめ「邪神像テーマパーク」、ラオスのビエンチャン(ノンカイとはメコンを挟んで対岸)にも同様な寺があり、そちらが兄貴分とのことらしいです。



タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!

Copyright © クワムラック イサーンから愛をこめて。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]