忍者ブログ
こんんちは。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。 タイ王国ウドンタニ県に居を構えつつ、バンコクでIT関係の仕事をやってます。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご協力感謝(^^)/
Start:2007-11-01
お友達リンク
タイまで5,750,000歩
タイ人との国際結婚をテーマにしたBlogです。

妻を追ってタイへ
(タイ田舎暮らしの日々)

イサーンのルーイで暮すドラえもんさんの日々

Bar WOODBALL
シーロムsoi6にある日本式スナックバー、とっぴーのお店です

Rak☆Thai
8年越しのタイ仲間があつまってます。
プロフィール
HN:
SAKUTA-MAN
性別:
男性
職業:
ITトータルアドバイザー
趣味:
旅行、お酒
自己紹介:
ども。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。
イサーンとバンコクを往復しながらIT関係の仕事やってます。
現在の天候
[バンコク] Click for バンコク, Thailand Forecast

All Thailand
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本から来た友人がクレット島に案内してくれと言い出した。僕自身も数年前に行ったきりで、最近は行ってない。クレット島とはバンコクより北に約40キロ位、チャオプラヤ川に浮かぶ小島でパークレットという所にあり、川岸から島へはは船で渡ることになる。島というより長辺3Km、短辺1.5Kmくらいの中洲だが、中にはお寺が4つ、学校がいくつか、住人も大勢住んでいるという話だ。休日には市も立つ。
バンコクからパークレットまではバスやロットゥもあるが、今回は行きはタクシー(300B位)、帰りはロットゥを使った。島に渡るには2バーツの渡し舟か、タクシー代わりのリバーボートを使うことになる。また、リバーボートをチャーターしてクレット島とその周辺を観光する事も可能だ。(3時間程度でひとり300B)




この島は古くからモン族が住んでおり、の焼き物で生計をたていることでも知られている。バンコク近郊という事で最近は観光客も多く、結構にぎわっている。





また、クレット島の近くにはお菓子工場が数多く散在し、実演販売などもあって、これもリバーボートで巡る観光名所のひとつになっている。




季節もよくなったし、たまにはチャオプラヤで船にゆられるのもいいものです。
休日の軽いトリップにご家族でいかがでしょうか。
時間がなくてちょっと手抜きの記事ですみません。
ご質問があれば書き込んでください。解ることはお答えします。


(パークレットまでのバス)

チャトゥチャクからは「52」「104」
戦勝記念塔からは高速経由「104」、「C166」
サナームルアンからは「32」、「A6」「A5」
バンランプー、民主記念塔からは「32」、「A5」
バンカピからは「150」
シーロム、イセタンからは「A5」
ノンタブリからは同じく「A6」

ロットゥはアヌサワリー(戦勝記念塔)のロータリーから出ています。




タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]

Copyright © クワムラック イサーンから愛をこめて。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]