忍者ブログ
こんんちは。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。 タイ王国ウドンタニ県に居を構えつつ、バンコクでIT関係の仕事をやってます。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご協力感謝(^^)/
Start:2007-11-01
お友達リンク
タイまで5,750,000歩
タイ人との国際結婚をテーマにしたBlogです。

妻を追ってタイへ
(タイ田舎暮らしの日々)

イサーンのルーイで暮すドラえもんさんの日々

Bar WOODBALL
シーロムsoi6にある日本式スナックバー、とっぴーのお店です

Rak☆Thai
8年越しのタイ仲間があつまってます。
プロフィール
HN:
SAKUTA-MAN
性別:
男性
職業:
ITトータルアドバイザー
趣味:
旅行、お酒
自己紹介:
ども。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。
イサーンとバンコクを往復しながらIT関係の仕事やってます。
現在の天候
[バンコク] Click for バンコク, Thailand Forecast

All Thailand
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4日目

日本であれば荼毘が終わればすぐに骨は釜から出され、遺族に引き渡される。
まあ1日に何人もの遺体を処理するのだから当然のことです。
しかしタイの場合、たいていのお寺には火葬場(サーラー)が最低ひとつは付属しています。また、いたるところにお寺があります。田舎の場合、1日ひとりの処理でことたりるという訳です。従って、骨の回収は釜の熱が冷めるのをまって行われます。



骨の回収自体はそれほどのイベントではありません。一度すべての骨を大きめのつぼにいれ、下のような祠に収められます。



その後、お坊さんの供養を経て、いえに持ち帰ったり、墓のある家は墓に収めたりします。もっとも遺骨として保存されるのはほんの一部で、そのほとんどは散骨されるようです。



これで葬式は終了ですが、最終日にはタンブン(ほどこし)という名目で、お坊様への食事の供応、さらに家の庭に仮設のステージを組み、バンドや歌手を呼んで飲めや歌えの大パーティーです。残念なことに仕事の関係で最終日の夕方にバンコクに帰ってしまったため、一番おいしいところを見逃してしまいました。残念。

この後、日本では初七日、49日、初盆と行事が続きますが、タイは100日法要だけです。3回忌も7回忌もありません。

タイの墓について。



一般的にタイには墓がないと言われていますが、イサーンではどこに行っても墓があります。墓はお寺の塀に埋め込むように作られ、墓の中には小さな骨壷が収められています。写真は2基ともうちの墓、新しいほうは、両親のために新造したものです。
イサーンのお墓については下記のホームページが詳しいので、関心のある方はご覧ください。

http://hoshi-k-web.hp.infoseek.co.jp/

--------------------------------------------------

イサーンのお葬式 終了

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ あなたのひと押しでランクUP、ポチっと押してね(^^)/


タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]

Copyright © クワムラック イサーンから愛をこめて。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]