忍者ブログ
こんんちは。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。 タイ王国ウドンタニ県に居を構えつつ、バンコクでIT関係の仕事をやってます。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご協力感謝(^^)/
Start:2007-11-01
お友達リンク
タイまで5,750,000歩
タイ人との国際結婚をテーマにしたBlogです。

妻を追ってタイへ
(タイ田舎暮らしの日々)

イサーンのルーイで暮すドラえもんさんの日々

Bar WOODBALL
シーロムsoi6にある日本式スナックバー、とっぴーのお店です

Rak☆Thai
8年越しのタイ仲間があつまってます。
プロフィール
HN:
SAKUTA-MAN
性別:
男性
職業:
ITトータルアドバイザー
趣味:
旅行、お酒
自己紹介:
ども。DACOでおなじみのSAKUTA-MANです。
イサーンとバンコクを往復しながらIT関係の仕事やってます。
現在の天候
[バンコク] Click for バンコク, Thailand Forecast

All Thailand
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カフェに行ったことありますか?地方でもちょっとした街には大抵あります。まあ、簡単な食事も出来る飲み屋なんだけどね。飲むだけならタイ人向けで安くあげることも可能だけど、カフェ遊びはタイ人の間でも通の遊び場と言われてます。

カフェには必ずステージがあって、女の子たちが順番に持ち歌を歌います。気に入った女の子がいれば、歌っている時に花輪「マライ」を送ります。そうすると、女の子は次のステージまでの間(40分位?)席に来て話し相手になってくれます。もちろん、無視して眺めるだけでも何の問題もありません。あと、どんなカフェでも女の子の歌の間に、体になんらかの障害を持った人が歌います。この人たちにマライを送っても席には来てくれませんが、タンブンの伝統からか、多くのマライが送られます。歌の間にはテレビでよく見るようなどたばた喜劇のショーがあり、これ目当てにくる人もいるようです。

マライの値段ですが、ウドンタニの僕の家の近くのカフェでは最低が20バーツですが、バンコクでは100バーツから200バーツのようです。女の子たちは給料もドリンク料もなく、マライの金額だけが収入となります。実際には店と折半のようです。本質的に風俗ではないため、昼間勤めていたり、学生だったり、また、プロ歌手を目指してたりといった女性が多いので、プロのホステスとは一味違った会話が楽しめます。特に地方のカフェだと、都会に働きにいくまでの勇気がないとかの理由でそこに勤めていたりしますので、結構かわいい子もいたりします。もちろん歌が下手ではカフェでは働けません。皆それなりにちゃんと歌えます。人気のない子はマライも集まりませんから、歌っている女性たちにとっても結構シビアな世界です。

マライの最低価格は店により決まっていますが、上限はありません。マライは首飾り状になっており、送られた女性はそれを首にかけたまま歌います。マライには実際に送られた現金が貼り付けてあります。まあめったにありませんが、1000バーツ札が数十枚張り付いたマライを見たことがあります。一人の歌手に複数の客がマライを送る事は普通にあります。その場合は当然、金額の高いほうの客のほうに行きます。女性をキープし続けようとすると、ステージ毎にマライを送らなければなりませんし、他の客との駆け引きも発生します。カフェ遊びが通の遊びと言われるゆえんです。



バンコクのお勧め:ファイブスターカフェ

ラマ4通り、スリウォン近くにあります。スリウオン通り、ソイトワイライトを抜け、ラマ4通りに出る直前の右側です。朝4時か5時頃までやっていて、食事も出来るし、女性連れでも問題ない店ですので、シーロムで飲んだあとなどにいかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ←ここをクリック
←ここもクリック

アクセスランキング参加中
協力(応援)するよ!って方は↑↑↑をクリックしてね。




PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
イサーン人 URL
カフェは基本的にタイ人相手の店なんで、日本人はあまり知りませんね。有名なのはラマ9のデカイ店くらいですか。結構方々にあるんですけどね。この店もスリウォンにあるわりには、お客はタイ人が多いようです。ちょっと目立ちにくい店だからかもしれませんね。それにソイトワイライトはちょっと異質な通りですから、歩くのに度胸がいるかも(笑)
2007/11/22(Thu)03:34:39 編集
無題
shu


こんばんわ。

『カフェー↑』スリウォンの近くにもあるんですね!!

自分が、何時も行く所は・…ドコなんだろう??あれもラマ通りだったような。。。。



初めて行ったのが『ビラカフェー↑』だったなぁ〜

あ〜…
思い出すなぁ〜
初めてのハニーとだったなぁ〜。
失礼致しました。


合掌。
2007/11/21(Wed)21:41:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]

Copyright © クワムラック イサーンから愛をこめて。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]